母校沿革

昭和38年3 月29 埼玉県教育委員会告示第13号により設立告示
名称 埼玉県立朝霞高等学校 設置課程 全日制普通科
昭和38年4 月1 日 埼玉県教育局秘書調査科長補佐 石川正利 初代校長に補せられる。
昭和38年4月15日 開校式及び入学し子を挙行
昭和39年4月6日 第1 期工事竣工、県立川越高等学校朝霞分校の臨時校舎から現在地に移転。
昭和39年5月13日 第2 期工事(普通教室10) 竣工。
昭和40年3月23日 第3 期工事(普通教室6) 竣工。
昭和41年2月28日 第4 期工事(特別教室6 及び渡廊下)竣工。
昭和41年4月1日 定時制普通科併設される。
昭和41年11月25日 第5 期工事(特別教室3 、会議室、保健室、変電室)竣工。
昭和42年6月29日 体育館竣工、同年9 月22 日創立5 周年・全館落成記念式典挙行。
昭和46年4月1日 校長 石田正利 埼玉県立川越女子高等学校長に補せられ、埼玉県教育局体育課専門員 池田久本 校校長に補せられる。
昭和46年9月18日 函書館・食堂完成、落成式挙行。
昭和47年4月〜11月 創立10周年記念事業として校内植栽緑化。
昭和48年4月1日 校長 池田久 埼玉県教育局体育課長に転出し、埼王県立戸田高等学校長 青田弘文 本校校長に補せられる。
昭和48年4月15日 創立10周年記念式典挙行。
昭和51年1月16日 プール竣工。
昭和51年4月1日 校長 青田弘文 退任、埼玉県教育局学務第二課主任管理主事 吉野博太郎 本校校長に補せられる。
昭和51年7月7日 プール落成式挙行。
昭和52年11月7日 部室竣工(A棟)。
昭和53年1月17日 小集会場竣工、同年3 月25 日視聴覚教室竣工。
昭和55年2月5日 生徒定員(2 学級)増に伴う増改築工事竣工(6 教室・事務室等)。
昭和55年3月10日 管理棟模様替え工事竣工。
昭和55年4月15日 外溝工事(学級増付帯工事)完了、同年5 月31 日部室竣工(B 、C 棟)。
昭和55年10月30日 格技場竣工。
昭和56年1月24日 格技場部室等落成式挙行。
昭和56年3月31日 学校敷地soorn県土木部特別会計から引継ぎにて取得。
(朝霞市有地500m を県土木部が54. 3. 31 取得のもの)
昭和57年4月1日 校長 吉野博太郎 埼玉県立坂戸高等学校長に補せられ、埼玉県立富士見高等学校長 土屋亮晃 本校校長に補せられる。
昭和57年7月29日 けやき会館竣工、同年12 月2 日けやき会館落成式挙行•
昭和59年3月31日 校長 土屋亮晃退任。
昭和59年4月1日 埼玉県立飯能高等学校長 小平勇 本校校長に補せられる。
昭和62年9月20日 校舎大規模改修工事竣工。
昭和63年3月31日 校長小平勇退任。
昭和63年4月1日 埼玉県立越生高等学校長 森田敏 本校校長に補せられる。
昭和63年4月1日 埼玉県高等学校通則の改正に伴い臨時学級増で31学級になる。
平成元年2月23日 体育館大規模改修工事竣工。
平成2年3月31日 校長 森田敏 退任。
平成2年4月1日 埼玉県立川口工業高等学校長 高木宏 本校校長に補せられる。
平成3 年4月1日 埼玉県高等学校通則の改正に伴い30学級となる。
平成4年4月1日 埼玉県高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1350人、定時制定員320人に改正される。
平成4年10月31日 創立30周年記念事業(視聴覚室、机、椅子更新、機器更新、テニスコート拡幅工事、中庭の整備、簡易走路• 砂場走路完成) 。
平成5年6月5日 創立30周年記念式典挙行。
平成7年3月31日 校長 高木宏 退任。
平成7年4月1日 埼玉県立上尾南高等学校長 小久保和 本校校長に補せられる.
平成8年3月24日 HR 棟耐震工事、内装工事竣工。
平成11年3月31日 校長 小久保和 退任。
平成11年4月1日 埼玉県立浦和北高等学校長 鈴木正勝 本校校長に補せられる。
平成12年1月11日 防火拠点施設体育館改築工事及びトイレ・シャワー棟新築工事竣工。
平成12年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1160人、定時制320人に改正される。
平成13年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1120人、定時制320人に改正される。
平成14年3月31日 校長 鈴木正勝 退任。
平成14年4月1日 埼玉県教育局体育課長 柴生田建司 本校校長に補せられる。
平成14年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1080人、定時制320人に改正さ

れる。

平成14年4月1日 2 学期制に移行。
平成17年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1040人、定時制320人に改正される。
平成17年4月1日 単位制に改編。
平成18年4月1日 校長 柴生田建司 埼玉県立松山高等学校長に補せられ、埼玉県立毛呂山高等学校長 岡野祥明 本校校長に補せられる。
平成18年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1000人、定時制320人に改正される。
平成19年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員960人、定時制320人に改正される。
平成20年3月31日 校長 岡野祥明 退任。
平成20年4月1日 本校 教頭 岡部清治 本校校長に補せられる。
平成22年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1000人、定時制320人に改正される。
平成24年3月31日 校長 岡部清 治退任
平成24年4月1日 埼玉県立岩槻北陵高等学校長 束山修二 本校校長に補せられる。
平成24年10月27日 創立50周年記念式典挙行
平成25年4月1日 埼玉県立高等学校通則の一部改正により本校全日制定員1,000人、定時制320人に改正される。
平成27年3月31日 校長 東山修二 退任
平成27年4月1日 川越市立川越裔等学校長 安食邦明 本校校長に補せられる。